「夕顔閑の柵」|専門店だから高額買取。棟方志功の板画(版画)は高価査定を実施しておりますのでお気軽に御相談ください。

「夕顔閑の柵」

棟方志功

棟方志功 夕顔閑の柵|作品:#926

●作品名:「夕顔閑の柵」
・製作:1974年
・技法:板画
・買取時期:2014年3月

棟方志功 作品の売却をご検討のお客様へ

棟方志功の板画は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。棟方志功「夕顔閑の柵」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様は是非、アート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

棟方志功の作品価値と買取相場

「夕顔閑の柵」の作者としても有名で、国内外ともに⾼い評価を受ける⽇本⼈芸術家・棟⽅志功。現代美術の国際美術展覧会「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に「湧然する⼥者達々」などを出品しており、⽇本⼈初の国際版画⼤賞を受賞しています。
棟⽅志功は独⾃の平⾯的な構図を確⽴させ、裏彩⾊と呼ばれた版紙の裏から⾊を⼊れる技法を⽤いた作品を制作しました。また、柳宗悦と出会い、才能を⾒いだされ、「⺠芸運動」(「⽇本⺠藝美術館設⽴趣意書」にある、⽇常的や⽇⽤品の「⽤の美」を活⽤する運動)の陶芸家とも交流を深めています。
作品の中でも、仏や菩薩をテーマとしたものは特に⾼評価となります。中でも「⼆菩薩釈迦⼗⼤弟⼦」シリーズや「⼤⾸」と呼ばれるバストップの⼥性、菩薩の顔を描いた作品は⾼価買取対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法